雑誌(VRFREEK)の付録でVR体験

週末、本屋に行ったらVRFREEKという雑誌を見かけたので、手にとって見たら、VRゴーグルが付録としてついてくるということで、即断即決で買ってきました。 完全に付録目当てなので記事に関してはノーコメント。

VRFREEK(ブイアールフリーク) 2016年 03 月号 [雑誌]: DTMマガジン 増刊

組み立ては非常に簡単で、2分程度で終わります。レンズは最初から組み込まれているので、単純に箱の部分を組み立てるだけとなっています。

f:id:oki-lab:20160321193707j:plain:w400

使い方は、VR対応のアプリを実行してレンズの反対側にスマホをセットすればOKです。この辺りはGoogleのCardboardと同じです。

いくつかのアプリを試してみた感想としては、やはりCardboardと同程度の没入感です。そのままではそれほどでもありませんが、部屋の電気を消すとそれなり、という感じです。 実はCardboardは眼鏡をかけたまま見れないという、眼鏡人にとって致命的な欠点があるので、眼鏡を掛けている人はこの雑誌の方が良いと思います。

Cardboard VR v2 2015

最後に試してみたアプリを紹介します。なお全てAndroid用となっています。

YouTube - Google Play の Android アプリ
 言わずと知れたYouTubeのアプリ。360°見渡せる動画が大量にアップロードされています。検索フィルタで360°という項目があるので、それを使えば一発で検索できます。

VR Roller Coaster - Google Play の Android アプリ
 VRといえばジェットコースターのアプリということで、一つご紹介。

VR Bike - Google Play の Android アプリ
 傾きでバイクを操作するゲーム。

Lamper VR: Firefly Rescue - Google Play の Android アプリ
 クオリティの高いアクションゲーム。向いている方向に移動するというのが独特の操作感で、慣れないと思うように動けません。

恐らく、VRゴーグルが付録になったのはこの雑誌が初めてだと思いますが、こういうのが増えていって、もっとVRが一般的になって欲しいです。