Raspberry Piをオーバークロックする

Raspberry Piのデフォルト動作クロックは700MHzですが、オーバークロックによって1GHzまで引き上げることが出来ます。しかも、特別な知識は必要なく、非常に簡単に実行可能です。

 

以下のその手順。

 

下記コマンドを実行

sudo raspi-config

Configuration Toolが現れるので、7のOverclockを選択。

 

oc1

 

警告が出るので、了解を押す。

 

oc2

 

動作クロックを選択。

 

oc3

 

画面が戻るので、Finishを押す。再起動を求められるので、そのまま再起動。

 

oc4

以上のように非常に簡単にオーバークロックが可能です。オーバークロックの効果については、以下の記事で検証しています。

 

【Raspberry Pi】 OpenCVで顔認識、速度比較

 

なお、警告画面にある通り、オーバークロックで動作がおかしくなった場合は、シフトキーを押しながら起動することで、一時的にオーバークロックの機能をオフにすることが出来るようです。